忍者ブログ
定番のデザインはどのような服装も素敵に見せます。
| Admin | Write | Comment |
オーストラリア西部パースからマレーシアに向かっていた格安航空エアアジアXの旅客機(エアバスA330-300型機)が25日、エンジントラブルによる機体の激しい振動に見舞われて、パースの空港に引き返した。

乗客のダミアン・スティーブンズさんはCNNの取材に対し、「出発から1時間15分ほどたったころ、バンという大きな音が聞こえた」と証言。「引き返す間の2時間近く、ずっと振動が続いた」「ひどい振動で、とても怖かった」と振り返った。

同機は乗客359人を乗せて現地時間の午前6時40分にパース空港を出発し、午前10時ごろ、同空港に戻った。同空港の広報によると、操縦士がエンジンに技術的問題を認めたことから引き返して、無事着陸したという。

エンジンはロールス・ロイス製の「トレント700」で、トラブルが起きた原因は不明だが、高速回転するエンジンの内部で不具合が発生すれば、機体が激しく振動することがある。A330のような双発機は、どちらか一方のエンジンだけでも作動していれば、安全に離着陸できる設計になっている。

スティーブンズさんによると、操縦士は乗客に対し、祈ってほしいと2度呼びかけ、着陸までの約2分間は「身構えるよう」指示されたという。

着陸はスムーズだったといい、無事着陸すると機内から拍手が巻き起こった。操縦士は全員と握手を交わしていたという。

ソーシャルメディアには、座席がガタガタと激しく振動する様子を映したビデオも投稿され、「死ぬかと思った」というコメントが付いている。

トレント700のエンジントラブルは今月に入って2度目、5月以来では3度目になる。ロールス・ロイス広報は、「パートナーと連携して原因究明に努める」とコメントした。
PR

 そして次には八○バー七ントと、つまり、自分でも気づかないうちに自分を守る、傷ロを広げない方法を知るのです。これは、〝失恋〞という、身を削られるような痛みや苦しみを味わうことで身につけた知恵なのです。

 寝ても覚めても彼のことばかり、一○○パーセントのエネルギーを注ぎ、すべてが彼中心の生活。そして別れがきたとき、自分に何も残っていないことに気づく。そうならないために、自分に何十パー七ントか残しておこうと考えるようになる。
嫌いだと思っていた人に対して抱いていたイメージに、ちょっとした変化が生じる。花をじっと眺めていると、イメージが徐々に美化されてくるのだ。思いを寄せている人がいて、その思いを上手に訴えることができないときは、花に恋のメッセンジャーの役目を務めてもらうのだ。

 花を贈る。花を贈って贈りまくる。人にうるさくつきまとわれるのは嫌であっても、花につきまとわれて嫌だという人は、あまりいないはずだ。固く閉ざしている心に対しては、つぼみの花を贈る。
≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

Copyright c ニック号の船室に遺された品。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]