忍者ブログ
定番のデザインはどのような服装も素敵に見せます。
| Admin | Write | Comment |
2014年2月15日(土)から5月11日(日)の間、東京都現代美術館の企画展示室1Fにて、「『驚くべきリアル』展 スペイン,ラテンアメリカの現代アート -MUSAC コレクション-」が開催される。日本スペイン交流400周年を記念し開催されるこの展覧会。会場では、スペインの90年代以降の作品を多く集める、カスティーリャ・イ・レオン現代美術館(MUSAC)のコレクションから、「驚くべきリアル」ヴィトン コピーをテーマに27作家の作品が展示される。スペインの芸術において「リアル」「リアリズム」という言葉は、単純に対象が精密に描写されていることを意味するものではなく、むしろスペインの芸術家たちの、「リアル」に対するこだわりや執着の仕方を指す。

そうした「リアル」へのあくなき執念を生み出すのは、超自然的なものや、幻想的なものを地上に引き下ろして対話しようとする欲望。そしてその欲望は、日常的な光景やモノを「誇張」することで再現され、しばしば生と死の独特な緊張関係を表現する。「スペインでは、他のどの国よりも死者が生き生きとしている」という、詩人ガルシア・ロルカの言葉通り、死は生よりも活気ルイヴィトンバッグ スーパーコピーを持つ。本展の出展作品には、活性化された死に裏付けられた、重い生がリアリズムとして表現されている。孤独、疎外、アイデンティティの追求、愛と憎しみ、生きる事の喜びと葛藤、暴力、深思、そして社会・政治問題も含む、現在に生きる事のドラマのすべてを「リアル」に描いた作品の数々。

そこには、ダリを生んだこの国が放つ、魔術的な世界の変容や驚くべきイマジネーションの飛翔を見ることができる。また、ビデオ・空間インスタレーション・絵画・彫刻と多様な表現方法が、刺激的な鑑賞体験を可能にする。コンテンポラリーアートの世界で多くのアーティストを輩出するスペインから、「驚くべきリアル」を通じて生きることを示唆する展覧会ルイヴィトン コピーが上陸する。女の人に財布をプレゼントするなら、「その人が自分の財布をどのようなバッグなどへ入れて持ち歩いているか」を把握しておくことも大事ですね。やはりバレないように観察するしかありませんね。単にファッションにおけるブランド品という意味だけでなく、それぞれの商品自体に文化的な意味合いを持っていること。いわば、そういった点も高級ブランドの良さのひとつとも言える。

http://cosme46.jugem.jp/?eid=46
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]

Copyright c ニック号の船室に遺された品。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]