忍者ブログ
定番のデザインはどのような服装も素敵に見せます。
| Admin | Write | Comment |
日本人編集長兼クリエイティブディレクター ヒッサ・イガラシ(HISSA・IGARASHI)による、NY発のハイファッションカルチャーマガジン「TWELV(トゥエルヴ)」の第4号が、2013年11月28日(木)に発売する。4号のテーマは「MUSE = 女神」。ギリシャ神話に登場する9人の芸術の姉妹神にちなみ、クリエイター、ミュージシャン、モデル、女優、アーティストなど人々をインスパイアし続ける女優に迫る。見どころは、今年80歳を迎える唯一無二のミューズ、オノ・ヨーコへの独占インタビューをはじめ、サンダンス映画祭にてウォルド・ソルト脚本賞ヴィトン コピーを受賞したレイク・ベルを表紙に起用。レディー・ガガを始めとする世界中のアーティストを惹きつける日本人デザイナー、JOJI KOJIMA(ジョージ コジマ)や館鼻則之のジュエリーやシューズで、本誌のアーティスティックな世界を表現し、ファッションはもちろん、アート、音楽などに敏感な人々の感度を刺激する一冊に仕上がった。

2012年4月、ハイファッション×アート×ミュージック誌としてNYで誕生。ファッションカットを多大に使い、200ページという贅沢な内容。全米、日本、イギリス、フランス、中国、韓国で発売されており、「12%のチャリティー」という挑戦を掲げ、売上の12%を寄付し、雑誌名ルイヴィトンバッグ スーパーコピーの由来にもなっている。編集長は伝説的スタイリスト、ジョー・マッケンナの下で5年アシスタントを務め、現在はVOGUE、ELLEなど数々の広告を手がけるヒッサ・イガラシ。ミラノで誕生したバッグブランドのOrobianco。全ての部品を自社で作ってしまうという職人気質と、イタリアブランドの持つ無駄をそぎ落としたシルエット、カラーリングの美しさに定評があります。お得に購入できるのはもちろんのこと、日本以外の有名ブランドの品には海外でしか手に入らない物などが割と存在するので、そういった限定物も通信販売で直接購入できるのです。

悲劇を生んだタイタニック号の客室から遺品が地上に揚げられた際、ルイヴィトンのトランク内に水は入っておらず、沈没した当時の状態で保たれていたなどという逸話が残されています。ルイヴィトンならではの創造性を発揮して決して飽きのこないスタイルを実現したバッグは、防水・耐水に優れ、傷が目立ちにくい素材を使っており、こと機能面ルイヴィトン コピーでも優れた品になっています。クルーズラインとはCHANELのラインのことですが、文字通りクルージング用、要するにお金持ちがバカンス地で豪華に遊ぶために作製した物なのです。高価ではありますが、老舗ブランドだというイメージ・歴史に裏打ちされた気品と、成熟された気高いモデルの財布は絶対に失敗しないということでエルメスに注目が集まっています。物の良さを使いこなす上流志向の男女が大切なシーンで身に着ける伊・フェラガモのバッグ。


http://cosme46.jugem.jp/?eid=45
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]

Copyright c ニック号の船室に遺された品。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]