忍者ブログ
定番のデザインはどのような服装も素敵に見せます。
| Admin | Write | Comment |
事実、[同法律事務所には[追突事故で後遺症が残ったが等級に納得いかない、なんとかならないか」といった相談をもちかける被害者も多いという。交通事故を扱う法律事務べ所でもl2級より重い後遺障害なら引き受ける、あるいかは「後遺障害の認定がでていからご相談を」という法律カ事務所が多かった。「現実にー困っている人がいる。納得、できず、前向きに人生を考えられない、そんな被害者一をサポートしたい」とは平一岡将人・代表弁護士。同法律事務所では問い合わせがあること相談日を決めた上で、等級の有無に関わらず直ちに調査を開始。最初に対応するのはリーガルスタッフ。法人全体で15名の弁護士の他に44名(8月6日時点)のリーガルスタツフがいる。その1人、福里佳高氏は大阪、山口の各事務所を経て銀座事務所で働くべテランスタッフの1入。「本当はお金なんかいらない。元の体に戻して欲しい」という悲痛な心の叫びを察し、被害者の心の声をしっかりと受け止めてクライアントに寄り添った対応を心がけているという。専門知識も豊富なので最初の電話で聴き取るべき要点も心得ている。

問い合わせを受けたときに弁護士との相談日を決めるが、それまでの間に判例を調Yたり過失割合を算定するなどできる限りの調査を行う。面談では、交通事故の被害者救済に研浴を積んだ弁護士が豊富な実績を生かし解決にいたるまでの道筋を示すことになる。場合によっては顧問医などから専門的意見を聞ける点も安心だ。同事務所は悩み、苦しみ、困っている人がいれば可能な限り対応する。それが「常に被害者の側に立つ」サリュの弁護士、リーガルスタッフの務持でもある。示談交渉が決裂して裁判になっても原則最初に取り決めた弁護費用以外は受け取らないフルサポートにこだわる。法律事務所では30分5000円程度の相談費用がかかるのが一般的であるがサリュでは面談は無料。自賠責保険の他に車の所有者が任意で入る自動車保険や火災保険などに弁護士特約というオプションがあり、それに加人していると最高300万円まで保険会社が弁護士費用を負担してくれるから、被害者は経済的な問題を抜きにして気軽に相談できる。「事故で被害者になったら加害者側の保険会社のペースに巻き込まれないようにすることが大切。そうならないためにも事故にあったらできるだけ早く相談してほしい」弁護士怯人サリュなら交通事故の被害者側に立って解決策を考えてくれる良きパートナーになってくれるだろう。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]

Copyright c ニック号の船室に遺された品。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]